八重裏花亀甲

2018/07/19 | Categories:ブログ

折笠です。ほんとに暑い日が続いています。連休は僕も「匠の祭典」に行ってきましたが、2日間炎天下での見学、体験はほんとに暑かったです。しかし、普段は見れないものに触れられて有意義な時間でした。

さて、またやったことのない組子細工を作ってみました。
今回は「八重裏花亀甲」という柄です。

通常は中の六角形が三角いっぱいに広いのですが、小さくアレンジしたものです。
六角形は一つの木でできていて、切り込みを入れ折畳んで作ります。
これを考えた先人の知恵に脱帽です。


 Comment (0)  

究極のお仕事

2018/07/19 | Categories:ブログ

先日、工場の皆で丹精込めて作られた長さ3.3mもある大きな大きな三重菱に仕上げのツバ(廻縁)を付けるお仕事を担当させて頂きました。

長さがあるだけに、簡単そうですが非常に難しい。かと思えば、簡単。

合い矛盾、これぞ究極!

とっても面白かったのです。

福西


 Comment (0)  

匠の祭典

2018/07/17 | Categories:ブログ

北山杉で有名な、京北地方で

技術の伝承「匠の祭典」に参加して来ました。

建具屋には馴染みのない、

鉞(まさかり)、手斧(ちょうな)

槍鉋、大鋸(おが)という消え行く刃物の初心者体験、また競技大会です。

現代では木工機械の発展で活躍の場も使い手もほぼ居りませんが、文化財の修復、神宮関係等では、古来の工法でと指定で修復の機会が在るそうです。

木挽きから始まり宮大工、時間と手間を掛け手で刻む工法に、皆さんが口を揃えて仰ることは、機械の様に余計な圧力や熱や油を加えないから手での仕上げは、木の目を絶たず、繊維質を潰さず、長い時間を経てその違いが現れるという事です。

昭和初期の手加工で作られた建具が、未だにビクともしないのと同じですね。

消え行く技術、道具にしない為には、この大会の継続と、もっと広く大きく関心を持ってもらうことですね。

刃物・道具がないと、我々職人は手も足も出ませんから他人事には出来ないと感じました。


 Comment (0)  

梅酒

2018/07/14 | Categories:ブログ

異常気象が続いております

大きな地震が来たり

経験した事の無いような大雨が降ったり…

何が起こるか分からないこの頃。

どうやったら身の安全を確保出来るのか???

難しい問題ですね。。。

予知は出来ないので、注意情報が出た場合、速やかに従う気持ちは持っていた方が良さそうです。。。

さて、先日、実家から梅が届きました。

とは言っても、用事で電話をした際に催促したのですが。

梅酒を漬けたいので、少しで良いから欲しいな〜とお願いしました。

少しと言ったはずですが、2kgも届きました。

梅酒にすると2升分。

せっかくなので、直ぐに漬け込みました。

綺麗に洗い、水気を取り。

竹串で突っ突いて穴を開けて下ごしらえをしていきます。

量が多いので子供にも手伝って貰ってがんばりました。

氷砂糖と果実酒用の焼酎を用意し容器に入れたら完成です。

いつ開封するかは難しい判断ですが、しばらく寝かせておきましょう。

前に漬けたのがもう数年経っているので飲み頃だとは思いますが、なかなかタイミングが分からずそのまま眠っております。

数年後を楽しみにしておきましょう。

里田でした。


 Comment (0)  

Games

2018/07/12 | Categories:ブログ

皆さまゲームバーをご存知でしょうか。

名前の通り、ゲームがあってお酒が飲めるお店なのですが…

ファミコンなどの懐かしのものから最新のニンテンドースウィッチやVRなどのテレビゲームをお酒を飲みながら遊ぶことができる空間なのです!

テレビゲームは苦手…という方でもご安心。人生ゲームなどのボードゲーム、UNOなどのカードゲームも揃っていて、幅広い年齢層の方が楽しめると思います!

休日に久しぶりに行ってみると…なんと…規制がかかりテレビゲームは全てなくなってPCゲームとボードゲームだけになっていました…悲しみ…

しかし!パンデミックが面白い!3時間ぐらいずっとやってましたね…頭も使うしボードゲームなので目に優しい!皆さんもお試し下さいませ〜!

紀平


 Comment (0)