タイムスリップ

2019/08/22 | Categories:ブログ

IMG_20190822_202613

 

 

 

IMG_20190822_202542

 

 

 

 

昭和42年発行の建具の専門誌です。
戦後しばらくの時代は、今のように木工というくくりではなく、建具屋さんが多かった様で、「建具」専門の文献が多くあるようです。

急所の感覚というのはここからは得られませんので、自分たちが現場で職人さんから教えてもらった技術と、能動的に知識を学んでいくバランスが大切かなと思います。

それにしても、昭和初期の職人さんからすれば、現代の自分たちはどの様にみえるでしょうか。優男、優女とでも言われるのかな。

モノを作るのには、燃えるようなエネルギーが要るんですよね。

福西


 Comment (0)  

自由研究

2019/08/21 | Categories:ブログ

お盆休みも終わり残暑厳しい今日この頃。

皆さま如何お過ごしでしょうか?

まだまだ熱中症の危険があります。

水分補給をしっかりして早目の対策をしていきましょう。

お盆が終われば学生の夏休みも佳境に差し掛かって参りました。

ウチの娘も自由研究に苦労している様子で。。

最近は、自由研究と言ってもら工作でも良いらしく、何故かくじ引きのガラガラを作ると言い出しました。

単純にダンボールで8角形に曲げて作れば?

って言ってたのですが、、、

よーく考えてみると、常に1回転に一個ずつ球が出る構造ってのが難しくて、、、

ネットで探して、試作して、、、

あーでも無いこーでも無い。。。

試行錯誤を繰り返し数時間。

何とか調子の良い構造が見えてきました。

単なるガラガラと思っていましたが、色々難しいところもあり、子供にはそれなりに考えて物作りをする良い機会になったと思います。

ダンボールで作る予定でしたが、内部構造が複雑で、微妙な加減がいるので適当な木で作る事に。

出来るだけ子供に触らせる様に…と思っていましたが、ついつい手が出てしまいますね。

表面の仕上げや、面取りペーパーなどは子供にさせて、やり過ぎ感を調整しておきました。

製作前に、簡単な外寸を書かせていて、その通りに作れた事でかなり喜んでおりました。

製作に一日かかりましたが、楽しんでいた様なので良かったのではないでしょうか?

里田でした。


 Comment (0)  

2019/08/19 | Categories:ブログ

二度目の遭遇

距離感縮まらず


 Comment (0)  

玄関戸ラッシュ

2019/08/12 | Categories:ブログ

暑い日が続きますが、空調服でなんとか暑さをしのいでる今日この頃。

玄関戸の製作が立て続けにありました。

高さは2400〜2500ぐらい、幅は900〜1100ぐらい、フラッシュ戸で化粧材がタモ無垢板という仕様です。

戸が重くて、デカイ‥一人では振り回せないので、二人組で製作しました。

タモの無垢板が厚み10ミリ、幅100〜150ミリぐらい、機械では材料が仕上がらない部分が出てくるので、そこは鉋仕上げとなります。板と板のつきつけ部分も目違いが出てくるので、そこも鉋で逆目がおきないように平らに削ります。

逆目が起きたままの無垢板を塗装すると、塗料の吸い込みが変わり、塗装の仕上げにムラが出るので、しっかり仕上げます。

あとこの時期は汗をかくので、仕上げ材に絶対つけないこと、手垢などもつかないよう手袋をつけて徹底します。

無垢材は手間がかかりますが、仕上がると良い表情が出ますからね。

戸が仕上がったら最後に金物加工、古い戸から新規の戸に替えるので、金物位置はそのままに加工します。ここで位置、加工ミスがあると全てがパーになるので、しっかり確認!

そして塗装屋さんへ、それから現場へ

現場施工完了までが仕事。

あとは少しでも長くお客様の玄関戸が長持ちしますように!

また機会があれば製作してアップしたいと思います。武田でした。


 Comment (0)  

お盆

2019/08/10 | Categories:ブログ

皆さまお待ちかね。お盆休みですねー。

世間一般では9連休ですかね。

当社では5連休です。

私は今月建具の試験を控えております、暑さに負けず試験までラストスパート。

皆さま暑い日は美味しいお酒が楽しみですよねー。休みの日は思う存分楽しみたいです。

臼井でした。


 Comment (0)