木製玄関戸

2019/04/15 | Categories:ブログ

IMG_20190415_193739高さ2.5m幅1m超の板戸の玄関扉を製作しました。外回りの建具を木製にする場合、熱射、雨風にさらされるので反り割れ、耐久性の課題が付きまわります。

大西商店では、呼吸する無垢板を合板に耐水ボンドで一晩中接着する方法をとっています。他にも制作方法はあれど、かつて在席していた超腕利きの職人さんがきっと試行錯誤の末、この様に教わりました。

クランプで隙間の無いように全体を強すぎず緩すぎず寄せ、締めながら一枚ずつ圧着、さらに芯材とサンドイッチするまでは製作者としてはなかなかしんどい仕事となります。

もっと楽に早く出来る方法もあるかとも思いますが、建具製作者はいいモノを作るにはエライ思いをすべきだという持論です。

というのもあるかもないかもしれませんが、ヒヨコが初めて見たものをお母さんと思い込む如く、すでに体に沁みついたテンポなのです。

では、あしたもがんばろう♪

福西

 


 Comment (0)  

自転車道じゃ

2019/04/19 | Categories:ブログ

最近ストレス溜まります。

なぜなら歩行者が自転車道を我が物顔で歩いているのです。

くそ犬の散歩ですわ。

引きたい

ラリアットしたい

常に思います。

ここは自転車道じゃ!と

ローガン


 Comment (0)  

こりない男

2019/04/18 | Categories:ブログ

折笠です。このところ、またもや手道具が増えています。
ただでさえ多いのですが、グランプリの練習で仕込む時間もない間もないにもかかわらず増えていくのは我ながら呆れます。
が、好きこそものの上手なれと思い、懲りることはありません!

刀鍛冶の流れを汲む、名門鍛冶、石堂の鉋。
東京の大ベテラン、も作の鉋。
組子細工用の葉鉋。行近の組手作里。ヒコーキ鉋。

と、マニアなものばかりです。早く仕込んで使ってみたいです〜。


 Comment (0)  

ヨキ

2019/04/13 | Categories:ブログ

満開の桜も散り始めました

桜の花は好きなので、寂しさを感じますが、新芽のたくましさも同時に見えて生命力を感じますね。

さて、最近とある道具を触っています

それは斧(通はヨキと読みます)

です。

少し前に某オークションでサビサビのボロボロを落札しました。

原作不明で柄も折れそうなくらいボロです。

ただ、古い刃物でよく切れるものが沢山あります。

カンナなども、古い刃物はよく切れる傾向にあります。

その勝手な決め込みと写真の雰囲気で買いました。

で、届いたモノを柄と刃物に分け、刃物を錆び取り液に漬け込みます。

規定時間漬け込みそこからワイヤーブラシでゴシゴシ。

再度錆び取り液に漬け込み、またワイヤーブラシでゴシゴシ。

そこから各種ヤスリを駆使して錆び取りをし、少し砥いで、、、

赤茶の塊がほぼ銀色の塊に。

まだまだ気に入らないので、まだまだ磨きますが今の状態でも十分切れそうです。

包丁やカンナと違い、刃先の鋭利さは全く違うので比較になりませんが、見た感じではしっかりと鋼が付いたマトモなモノではないかと思います。

で、刃物と同時に進めていこうと思うのが

“柄”です。

以前、台風であちらこちらで倒木があり、撤去待ちの桜の枝を数本分けてもらった物を乾かしておりました。

ほとんどは玄翁用に切っていましたが、斧も数本作るつもりで太めの物は長目で用意しておりました。

今回のは刃物が重いので、少し長く作って、重作業用にしようと思います。

また途中経過や完成の図を披露出来ればと思います。

あっこれ、仕事用では無く、薪割り用です。

里田でした。


 Comment (0)  

別れの季節

2019/04/11 | Categories:ブログ

僕の住んでいる部屋の隣に住んでいるババアが出ていきました。

ババアはゴミ屋敷の主でした。
ババアは基本的にドアを開けっ放しで生活しており、その隙間から見える部屋はゴミで溢れていました。

ババアは自分の部屋だけでは飽き足らず、部屋の前や共同のガスメーターボックスにまでゴミを置いていました。

台風が来た日、ババアの部屋の前に置いていたゴミが風で飛ばされて僕の部屋の前にまで散乱していました。
僕はそのゴミを集めてババアの部屋の前に山盛りにして置きました。
次の日ゴミは片付けられていました。

ババアが急に丸坊主になりました。
丸坊主のババアを見て僕は不動産屋の言葉を思い出しました。
「このアパートの住人はほとんど僕が案内したんですけど、変な人はいなかったと思いますよ。」
ゴミ屋敷に住む丸坊主のババアが「変」じゃなければ「変」って一体なにかね?

一度ババアにいじられたことがあります。
僕が食パンを買って帰った時にババアがいて「ご飯ですか?」と言われました。僕は適当に「まぁそっすね」と流すと「食パンだけですか」とババアは笑いました。
なにわろとんねん。

ある日ババアの部屋に張り紙がしてありました。
張り紙には「再三の督促にも関わらず家賃を滞納し続けたため、今月中に支払いがなければ強制退去させる」と書いてありました。
ババアは38万家賃を滞納していました。

ババアの部屋の前が綺麗になりました。
38万は払えなかったようです。

仕事から帰ると駐輪場にババアがいました。
ババアは「私、今日出ていきます。お元気で。」と言い残し、駐輪場にゴミを山盛り置いて去っていきました。

ゴミを散らかすうっとおしいババアだと思っていましたが、いざいなくなると少し寂しい気持ちになりました。
「ゴミ屋敷に住む38万滞納した丸坊主のババア」という強烈な個性に出会うことはもう一生ないでしょう。
ゴミを見る度にババアを思い出します。

隣の部屋はいつまでも綺麗なままです。

fin


 Comment (0)