チェッカー図

2020/09/19 | Categories:ブログ

残暑厳しくいつまでも暑い日が続きます

爽やかな秋の風が恋しい今日この頃ではございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、先日ふと思い立って愛車ホンダスーパーカブのお色直しをしてみようかと‥

お色直しといっても大した事はなく、少し差し色を入れる程度の色替えです。

バイク乗りの方がカスタムでタンクの色を変える事をしますが、カブはフレームの中にタンクが隠れておりそれが出来ません。

本体全部を塗り直すのも大変な作業だし。。

と言う事で俗に言うサイドカバーだけ塗ってみました。

フレームとのバランスで色んなパターンを想像してみましたが、良いイメージが浮かばなくて、無難?にチェッカー柄にしてみました。

色んな方法があるとは思いますが、基本的な方法で。

全体の内、塗らない所をマスキング。

塗る所を少しペーパーがけ。

ベースになる白を塗装。

黒く塗る所を残してマスキング。

マスキングを剥がし少しペーパーがけ。

クリアを塗ってコーティング。

こんな流れでしょうか。

書くと簡単です。

何が大変かと言うと

白の上から貼るマスキングです。

今回は1cmマスにしたので凄い数です。

①全体にマスキングをして碁盤の目に線を引いてカッターで切り、不用な所を剥がすやり方。

②マスキングを正方形に切っておき、並べて一枚ずつ貼るやり方。

悩みましたが、微妙に曲面なため、碁盤の目に線を引くのが難しいと判断して②の先にテープを切っておく方法を選択しました。

夜、家族が寝静まった頃、一人黙々とマスキングを貼り続ける‥

集中力の試される作業でした‥‥

って、そんな大袈裟な事ではないですね。。。

要領が掴めて流れに乗るまで試行錯誤し、片側が貼れるまで2時間程度かかってしまいました。

反対側は上手くなって1時間程。

そこから黒を塗って、、、

マスキングを剥がし。。。

この辺りで、家族から

「で、何してるん?」と。

「塗ってるんやん」

「???」

マスキングが剥がれて、全体が見えてくると

「お〜」

そんなやり取りをしながら

ほぼイメージ通りの完成です。

自己満足の世界なので大成功です。

まだバイクに取り付けしておりませんが、もう頭の中ではイメージ出来ています。

こう言うのをやると、色んな所に「塗ってみたい病」が出てくるんですよ!

次は自転車?車のバンパー?‥何塗りましょうかね。

里田でした。


 Comment (0)  

メラミン

2020/09/15 | Categories:ブログ

最近、メラミン化粧合板を使用した仕事を多くさせて頂いております。

メラミンで仕上げると完成形がすごくキレイで高級感がでます。

また汚れにも強いので、よく飲食店のテーブルなどにも使われております。

今回は引戸の枠を製作させて頂きました。

臼井でした。


 Comment (0)  

腕に自信あり

2020/09/14 | Categories:ブログ


昔よく工場内を飛び交っていたのに、最近全く聞かない言葉「そんなもんあっかい(あるか)!!」
本来ある建具には面の大きさひとつ、納まりや加工、段取り、頭で考えて作られたものか、体で覚えて作られたものか何となく現れるもので、勝手をするとよく怒られたものです。

時代の流れに乗り、報連相は必要ですが、かつての職人さんたちのパワーが恋しいなぁと思ってしまう最近、「これでいいか?」と問われると(技術的なことは私に聞かないで!こうだ!と言い切って欲しい)と内心思っている。

それでもまだまだ健在だと思えるのが木削りの時で、これで勢いが付くとその後もスピードに乗れる大事な作業です。刃物がブンブン回ってカッー!となってるなぁと、傍で見ていてニヤリとしてしまいます。

かつて職人たちの原動力は「恥」をかかないが為に必死になりました。
今から使う道具をよっこらしょと準備することが「恥」、1度付けた胴付きが開いてくるということが「恥」。何が良くて何がそうでないかをよく知っていて、だからいつの間にかプライドを纏う様になりました。

一緒に仕事のすることの多い師匠ですが、作業の所々に腕っぷしに自信があるんだろうなという気の強さを見ることがよくあります。先日も組み立て機に入れた建具をノリが乾き始めるまでもうしばらく置いておけば良いものを、瞬時に離してしまう自信の有り様。
私はやっぱりニヤけてしまうのでした。
腕があると、機械離れが良く、皆の仕事が潤滑に回ります。
腕っぷしに自信、見習いたいところです。

福西


 Comment (0)  

2020/09/14 | Categories:ブログ

親が滋賀に住んでいることもあり、久しぶりに滋賀に行ってきました。

そして、これは滋賀の多賀の方にある『河内の風穴』です。

全く知りませんでしたが、日本で4番目で関西では一番長い鍾乳洞です。
鍾乳洞と言っても上から下からつららのように石筍があるわけでもなく、がっつり岩肌です。

入口と通路は狭いですが、中の空間は広く手すりを持って進めます。
入れるのは、全長に比べれば少しですが、オススメは中ではなく入口です。
中の冷たい空気がビュンビュン吹いてきます。
もう天然クーラーです。
明治時代以前には天然の冷蔵施設として使われてたのも納得です。

氷高


 Comment (0)  

もうすぐ

2020/09/13 | Categories:ブログ

秋ですねぇ…しかしまだむしむしして気持ち悪い(´-`)

四季って日本の良いとこだと思いますがスカッと変わってくれないっすかね(´ー`)涼しい!暑い!寒い!でお願いしたいです。湿気いらん…

練習で作らせて頂いている組子の枠の材料を頂きました!ぶった切って手押しチャレンジです!一瞬で指なくなりそうな機械なので怖さもありますが楽しみでもあります(´∀`)

怪我無いようしっかり手元にの確認をして作業しようと思います。出来る事を増やしたいと思ってる小原でした٩( ‘ω’ )و


 Comment (0)