ふにゃー

2012/11/21 | Categories:ブログ

福西です。たまにはゆる~い話でもしましょうかね、眠たい目をこすりながら書いています。zzzz・・・。おかげで今朝飛び起きたら家を出る時間でした。ブログ、これは単なるつぶやきのおアソビですので、ど-ぞ胡座をかいて、右から左でこけこっこ~

 

ここ数日、阿藤海ではありませんが「なんだかな-」で奥歯にモノが挟まっておりました。その原因が一体何なのか、連日自分に問うておりましたが…

実は…こんな私ですが大西商店No.1の野心家だと思います。確実に非難を浴びるので発言は止めておきますが、将来何になりたいかと言うと…人間行き着くところは、結局は地位と名誉です(笑)
しかし、別の頭の中にはそういうものが本当の人間の豊かさでは無いことも解っています。

 

おっと!ゆる~く、ふにゃ~、炬燵でミカンでも食って、あくまで聞き流してくださいませ。アソビなのですから♪

 

大西商店は社員17名、工場は3階建ての、けして大きいとは言えない会社ですが、この中で毎日、強烈な人間交差点が渦巻いています。神経を行き届かせれば、もっと沢山の気付きがあることでしょう。
最近思うこと…
技術を習う立場にある人も、そうでない人も、とても極端な話、「解らないことは解らない」「出来ないことは出来ない」で良いんじゃない?質問の仕方??「どおやったら良いのでしょうか?」でよくなくない?? 自分の頭で考えるのは、後で良いですよー。目上の方から教えを請う。それが代々の伝承であり、継続です。人間誰しも自分を立てたい、自分を守りたいと思います。しかし自分の頭で考えた「ソレ」は、プロから見ればきっと出来ていないのです。教えられたものでない我流の「ソレ」は、後輩が出来た際には教えることはできないのです。だから「教えてください」で良いのではないでしょうか。

 
私には男の人たちの生き方が解りません。しかし同じ方向に向かっている会社という組織の中に置いて、社内で意地を張り合う必要性は、自分でない誰か、もしくは会社を幸せにしようと考えた時、確実に要らないと思います。女性の考えなのかもしれませんが、人間の豊かさに男も女もないでしょう。まだ性別を言うのなら、女性から見た「ソレ」は、男気とは全くかけ離れたモノだと思います。

会社はチームプレイですよぉー、小さな国取り合戦は21世紀には見合わないかと思ったりします。大海に出て、大きな国を勝ち取りましょうよ♪

大西商店にはありがたい事に、頭数の分だけ知恵が有ります。世間的な体裁や建前に捉われるのは時代遅れではないでしょうか。

 

自慢ではありませんが、社会の中で第一線を歩める一流技術者の揃った大西商店だからこそ、乗り越えられる、絶対出来ると思います。

 

あぁ、そうだ、あくまで奥ゆかしいア・ソ・ビ♪の話でした。こんなボヤキで、まさか青筋をたてる「オマヌケ様」は居るまいに。。

 

 


 Comment (0)  

COMMENT