ミニ登山

2015/08/23 | Categories:ブログ

夏も終わりに近づき寂しさを覚えますね、福西です。
皮膚が薄くアレルギー体質の私の最近は、防塵用にダテ眼鏡をかけて作業をしていますが、これがすこぶる調子が良い。木材切削量の半端ない大西商店です。
未来に備えて、自己管理。

お盆休み、私は信州は長野県に行ってきました。
新しい世界を見てみたいと行ったからには登山!。
岳沢という標高2130Mの小屋を目指して休みない急勾配を登る、登る。
しっかりしんどかったけれど、すでに標高1400Mを超す上高地から登ったので、その標高差は750Mほどしかなかった・・・。

今回は山頂ではなかったけれど、小屋から見た景色と体験は今までにないこと。
残雪積る大きな北アルプスの山々に魅了され、人々がここに集う意味も少し分かった気がします。

登山は、ゴールが分かりやすくてとても良い。
最短距離で登れるルートは分かっているけれど、途中に障害物や迷い、怪我があって頂きまでたどり着けない、遠回りしたり、挫折することだってある。

何かに似ているなぁ、自分の求める豊かさがここにあるような気がしました。

大自然の中で、小さな自分を自覚し、だからこそ物事には大きな視野を持つことが大切ですね。自分を小さくせず、どこまでも高山を目指せたらよい。
登って来た道をよく振り返りながら。

 

DSC_0243

DSC_0243

DSC_0276

DSC_0276


 Comment (0)  

COMMENT