一生物

2016/05/21 | Categories:ブログ

暑くなってきました。

工場は辛い季節がやってきました。
さて、先日、友達から写真付きのメールが届きました。

内容は、大事にしている櫛が折れ、直して欲しいと。

”いくら普段木を触っているからと言っても、櫛の修理は‥

大事にしている物なら、尚更大変な事やし。。。

聞くところによると、買ったお店や、他も聞こうとしたけど、何も情報が無く、困っていると。

折角声を掛けてくれたのに、門前払は出来ないし。。。”

などなど考えて、取り敢えず見せてもらい、何とかなるか検証することに。
会って見せてもらうと、ホント大事にしている感じて、折れた事にかなりショックを受けている様子。

一度、接着剤を入れてトライしたが、駄目だった様子で、接合面が荒れていた。

何と無く、修理出来そうな気がしたので、預かって持ち帰り。
古い接着剤を針の様な物で削り落とし、接合面を綺麗に復活させてみる。

少し欠けてなくなっている箇所があるが、問題無さそうで、少し安心。
そのままでは芸が無いので、接合面に竹ヒゴを二本補強として刺すことにしてみた。

角材なら位置合わせは簡単だけど、変な立体物は大変です。

ある程度位置を決め、角度を合わし、ドリルで穴を開けてみる。

二箇所が平行に並ぶ様に慎重に。。。

治具作りが困難なので、これはフリーハンドで。

少しは普段の仕事の技術が活きたかな⁉︎

問題は反対側。。

色々考えて、最後はフリーハンドで、エイヤッ>_<。

仮組みをしながら、少しずつ微調整。

ぶっつけ本番ながら、良い仕事してしまった(^o^)
接着剤を入れて本組みして、

超細い目の紙ヤスリで表面を整え完成!

依頼主に写真を送って報告。

凄い喜びのメールが返ってきました。
まだ実物は返却できてませんが、渡すのが楽しみです。

”木の事やし、一応あいつに聞いてみる?”

の面目は保てたと思います(^o^)
大事な物の一発本番は緊張感凄いです。

大事な物は大事に扱って下さい。
一生物のつもりで買った櫛やったから、ホンマに嬉しいわ〜

と言われて、

無事に任務遂行できてこちらも嬉しいわ〜

里田でした。


 Comment (0)  

COMMENT