何故だろう?

2013/01/30 | Categories:ブログ

 

奇数月26日って何の日かご存じですか?

 

 

 

楽しみで楽しみで。。

 

何の日か・・・・・・

 

ある雑誌が発売される日なんです。

 

殆どの方が目にする事のない雑誌があるんです。

 

で、

その日、

そんな本が2種類も同時に!

 

で、

で、

その両方を愛読してまして、、、

 

今月もちゃんと買ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは左の本。

ワーゲンの雑誌です。

しかも1970年代まで作られていた

空冷エンジンのワーゲンの専門誌です。

ワーゲンに乗ってる人で、

しかも空冷エンジンのワーゲン乗りしか

買わないであろう本です。

 

1970年製の空冷エンジンが載ったバスに

乗ってる僕は迷わず買います!

 

 

写真右側の本。

これまた限られた人しか買わない本で、

ブラックバス釣りの専門誌です。

しかも、餌釣りでは無く、

ルアー(疑似餌)での釣りで、

しかも、数あるルアーの中でも

水面に浮くルアーでしか釣らない人向けの専門誌です。

ルアーにはゴムの様な物で出来たワームと呼ばれる

ミミズの様な形の物や

魚の形をしていて水に沈むタイプの物で

ブラックバスの活性の低いときに使う物など・・・・

本当はそれらのルアーを駆使して

釣るのが一般的です。

 

しかし、それをわざわざ水面に浮くルアー(トップウォータープラグ)でしか釣らないのです。

夏場の活性の高いときは比較的容易な釣りです。

でも、それを年中通すのです。

わざわざそこに拘る理由は、

魚がルアーにアタックして来る瞬間が見え、

そのスリルがたまらなく快感だからです。

 

わざわざそんな釣り方で釣るので、

釣れた時の達成感は倍増です。

 

そんな変わり者だけにターゲットを絞った雑誌です。

 

バス釣りは小学校の頃から琵琶湖で楽しんで来ました。

近かったこともあり、

殆どの週末は琵琶湖に居ました。

色々な釣り方をし、

かなりの魚を釣りました。

今になって、

魚を釣ることに躍起になることよりも、

いかに楽しく一匹を釣り上げるか!

そんな余裕のある遊びが出来るようになりました。

 

その結果、

釣りやすいルアーを除外し、

トップのルアーのみが残ってしまいました。

 

と言う訳で、この雑誌も買いです!

 

そんな限られた人しか買わない雑誌。

 

何故か2種類も定期購読してる・・・・・・

 

何故だろう?

 

里田でした。


 Comment (0)  

COMMENT