口の中のカルデラ

2013/05/25 | Categories:ブログ

今週末は、連日ブログでお伝えしておりますBUG in  MIKI★です。
毎日、その準備に追われてバタバタしております塚本です。
そんなバタバタ期に、親知らずを抜いてきました。
親知らずの存在に気づいたのは、2月の下旬。
それからしばらくは、何も感じなかったのでそのままにしていましたが、
5月になってからぐいぐい存在をアピールしてくるようになったので・・・
これはひどくなる前に、暑くなってしまう前に決着をつけなければ!!!
ということで、先日久しぶりに大きな病院で抜いていただきました。
小さいころから入院や大怪我もなくすくすく育った私にとって、
久しぶりの大きな病院。
朝から緊張しておりました。
そんな私とは裏腹に、お医者さんは慣れた様子で(当たり前ですけど)
私が座るなり、「じゃぁ、ぼちぼち始めましょうかね~。」っと言うなり、
ブチュッと麻酔を・・・。ドキドキしてる間もなく感覚がなくなってしまいました。
後はされるがまま。治療も、ほっぺたが腫れないほどすんなり終われました。
思ってたよりすんなり終われて、「顔の半分が動かない変な顔!!」と鏡を見てはしゃいでみたり・・・。
しかしその後、1時間もすると麻酔が切れて激痛が・・・あんなに急激に痛みが来るとは。
そこから暫くは動けず食べられず、ただ耐えるのみ。
今も、たまに活火山が噴火しますが、だいぶ落ち着きカルデラになってきました。
改めて健康の大切さを思い知りました。早くもとの生活に戻りたいです。

 


 Comment (0)  

COMMENT