完成形

2013/02/20 | Categories:ブログ

折笠です。昨日は雨になったり雪に変わったり忙しい天気でした。大西商店工場もめいっぱい忙しいです。

建具を作る仕事の場合、完成してから実際に使用される姿はそんなには変わらないのですが、たまに塗装されて帰ってきますと「えっ、こんな色になったんや」というときがあります。
実際に取り付けられるまでに塗装され、金具がつけられるわけですが、作っている時もほとんど完成形がわかっています。ただ、実際にお店や住宅などに取り付けている姿を見る機会はあまりありません。自分の作ったものでも、「おー、こうなったのか」ということもあります。

しばらく前ですが30cmくらいから10cmくらいのいろいろな大きさの月の形を作りました。5、60個くらいだったでしょうか。それは店舗のディスプレイに使われるものだったのです。お店は大阪にあるということですので見に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月なので吊ってあるのかな?と勝手に想像していましたが大違い。しかも金と銀色になっているとは…。おもしろいですねぇ。
建具でも、自分が手をかけたものが使われているところを見ることはあまりないです。
機会ができればできるだけ見に行きたいなと思いました。
お店は阪急百貨店12階にございますー。行かれましたらぜひごらんくださいませ。大西商店がつくったのは月だけですが〜。


 Comment (0)  

COMMENT