御扉

2021/07/14 | Categories:ブログ

某神社の御扉を製作させていただきました。
令和6年の『創建千八百年祭』に向けた境内整備のひとつで、去年から進められてきた「儀式殿全面改修工事」の一部で、完成後は、夏場の祈願祭や結婚式、霊祭などの神事に使われるそうです。

材料はヒノキ、仕口は少し特殊で、「本端喰の留め本通しほぞ継ぎ」。
社寺の建具などによくみられます。

大工さんの原寸に合わせて製作していきました。
留めに隙間をつけたり、細かい部分の調整が大事になってくる仕事でした。
ヒノキの仕上げも艶が良い感じに出せたと思います。
取り付けは現場の大工さんにしていただきました。
吊元は軸吊なので、Rに丸めます。
開閉時はわざと音が鳴るようにと、これまた大変な作業だったと思います。
大工さんの腕には脱帽です。。

またこの様な仕事に携わりたいですね。

武田でした。





 Comment (0)  

COMMENT