胸躍る

2021/02/05 | Categories:ブログ

節分、立春も過ぎ、暦の上で季節は春。

緊急事態宣言下いつもと違う2月です。

皆様体調崩されていませんか?

今シーズンのインフルエンザは何処へ‥

やはり手洗い、うがい、マスクの力が凄いのか。。

コレはこれで良い傾向ですね!

そんな自粛生活の最中、じっとテレビを見てばかりもつまらないので、色々と楽しい物探しのアンテナを張っている訳ですが‥

見つけてきたのは、釣り具のカタログ。

普段なら、サラッと見て流すところでしたが、大好きなブランドの50周年記念の年と言う事で歴史が書かれていました。

その釣りと出会ったのが小学4年の頃だったと記憶しております。

多分10歳。35年前の事。

テレビ番組で、海外のプロが琵琶湖でバス釣りをすると言う物だったと。

この頃、釣りキチ三平を読んでルアーの存在を知っていたのか、この番組が初めてだったのか‥

微妙な記憶ですが、、

この番組をきっかけに、近所の釣り具店にルアーを買いに行き、近くの琵琶湖へ連れて行ってもらったのが初めてのバス釣りでした。

そこからどんどんバス釣りにハマり、当時、「釣りトップ」と言う雑誌を読み漁り、ルアーの勉強に励みました。

その中で出会ったルアーが今年50周年を迎えるメーカーから出ていたのでした。。

小学、中学とどっぷりバス釣りにハマる中で、雑誌に紹介されるルアーに、それはそれは夢を持って眺めていたのを思い出します。

実際、当時の琵琶湖は連れまくりました。

田舎のガキが雑誌の真似事で、50センチオーバーのバスを手にしていた時代なので。

で、今回手にしたメーカーのカタログ。

その頃のルアーが紹介されていて、思わず読み込んでしまいました。

もちろん最新カタログなので、新製品が基本ですが、僕としては、過去の話だけでお腹いっぱいです。

で、今年、幾つかの記念品が発売されるとか。

ルアー、タックルボックス、リールに竿。。

メーカーの作戦にまんまとハマりそうですが、何より楽しかった思い出がたくさん詰まった物なので、買っても良いかな〜と思っております。

釣り具店でただで頂いて来たカタログにこんなに胸躍るとは思いませんでした😂

もう少し暖かくなって、緊急事態宣言が解除されたら、実釣にも出掛けたいと思います。

今はイメージトレーニングで大物を釣っておきます。

里田でした。


 Comment (0)  

COMMENT