ブログ

囲炉裏テーブルDIY

2019/05/11 | Categories:ブログ

IMG_20190428_200824GWに友人家族とキャンプ用の薪テーブルを囲む囲炉裏テーブルを作りました。
DIYです!

「作って欲しい」なら楽やのになぁ〜と思いながら自分たちで手を掛けたい様なのでお手伝いをしました。反るわ捻れるわの材料ですが、アウトドアなので気にしなーい。
これまた看護師としてキャリアを積んだ友人ですが、
「私、仕事でも、1〜9まで違っても10が同じなら良いと思ってるねん!」

こだわらないと、こうもスムーズに事が運ぶものなのね…と感動したのでした。
ことごとくぶつかる自分は一体…。

学生時代を同じ時間を過ごしているにも関わらず、就職後はこうも違ってくるものなのか…と少々嘆いたのでありました。

今度は、キャンプ用折りたたみ木製棚を作りたいです♬ 福西

コメント(0)

玉切り

2019/05/10 | Categories:ブログ

超大型連休も終わり非日常から徐々に戻りつつある感じでしょうか。。

さて、そんな連休の最中、実家でとある作業をして参りました。

それは…

薪の玉切り作業です。

玉切りとは、必要な長さに切り揃える作業で、薪割り前にする作業です。

玉切りした物を少し乾かして、ヒビが入り始めた頃に薪割りをしていきます。

実家近くの大工の知り合いに薪になる木があれば下さいと声掛けしておりました。

昨年は大きな災害が続き、各地で倒木被害がでました。

その影響で大量の薪材が届いていたのです。

台風直後から届き始め、年末頃まで次々に運び込まれていた様で、正月に帰った時には結構な量になっておりました。

虫が出る前に作業をして、梅雨までに軒下に積み上げたいと思っていたので、タイミングとしてはギリギリでした。

玉切りは、出来るだけ生木で、湿り気がある方が切断が楽です。木の繊維が柔らかいからです。

チェーソーに掛かる負担も少なくて済むので、早いに越した事はありません。

積む場所を確保し、ひたすら切っては積み上げの単純作業です。

普段慣れない作業なので、安全装置は万全で臨みました。

ヘルメット、ゴーグル、革手袋、安全ブーツ。

格好は一人前です!

おそらく一年分はあるだろうと思いますが、、、

とりあえず乾燥が進むまでは積み上げた状態で待ちたいと思います。

生木の微妙な重さ、チェーソーの微妙な重さで全身疲労困憊でした。

傍目にはチェーソーを振り回しているだけに見えたと思いますが、本人は必死でした。。。

切り終わってその場に倒れ込むほど。

しばらくして薪割りをしないと、、、と思うとゾッとしますが、その時は助っ人を確保して頑張ろうと思います。

里田でした。

コメント(0)

観戦

2019/05/08 | Categories:ブログ

先日オリックス対西武戦を見に行きました。

ファールボールも飛んでこず平和な観戦でございました。

楽しく、お酒を飲んでいい時間でした。

臼井です。

コメント(0)

韓国料理

2019/05/07 | Categories:ブログ

今、韓国で人気のパネチキンを食べに行ってきました。
大きな鉄板の上にフランスパンを器状にして中にはモッツァレラチーズが溢れるくらいに入っており、パンの周りにはフライドチキンとトマトベースのソースがかけらている鉄板料理です。
ソースとチーズの味がチキンと抜群に合ってクセになる一品でした。

コメント(0)

究極世界

2019/04/26 | Categories:ブログ

wp-1556283950269217152239.jpg

wp-15562840654811011236627.jpg

水を獲た魚、福西です。

麻の葉、胡麻柄という葉を入れた床の間の組子細工の掛け軸を製作させて頂きました。全行程作ったのは初めてです。

この世界、もはや建具職とは別世界。専門職は組子細工師と呼称されるそうです。
いかに隙間なくキレイに作るか、作って初めてその見所、醍醐味を感じられます。表面は鉋仕上げをしましたが、これが、底知れぬ究極の世界の入り口だと鳥肌が立ちました。

過去どこかで、一枚鉋で仕上げた鉋屑が鉋の台から屑を残さずピュンピュンと飛んでいくのを見たことが有ります。そうしなければ一つ前に削った屑が、摺り跡となって表面に筋を残すような、そんな気がしました。鉋の研ぎ、台直し、鉋の運び方、全てが揃って艶のある目違い払いとなるのでしょうか。

「伝統」と名のつく建具に置いて、自分がやり易いとか、自分のやり方などは通用せず、自分我を無くしていかに先人の技術を掘り下げるか、究極きっとそうなのだろうなぁと思います。

ほんの少しだけその一旦を感じられて、その入り口に立たせて頂いたことに感謝です。

 

コメント(0)