ブログ

親子扉

2020/08/26 | Categories:ブログ

某リラクゼーションサロンの入口の扉を製作させていただきました。
仕事的には、洋風なサンメントをシナフラッシュに貼り付けていく作業が主でした。
Rがついているサンメントと直線のサンメントの接合部分の角度出しも問題なくでき、接合部分もうまくつきました。
全体的に止まることなくサクッと製作できたと思います。
正確に、キレイに、早くを常に意識して、今後も製作していきたいと思います。

最後にこの扉の最終仕上げは、鏡面塗装でした、おそらく一番苦労したのは塗装屋さんだったことでしょう。。笑

武田でした。

コメント(0)

胡麻柄

2020/08/25 | Categories:ブログ

先月の終わりくらいから練習で作らせて頂いてる胡麻柄組子の中身がやっと出来ました

枠組みだったり鉋掛けだったり「え、難し過ぎん?」って思いながらも楽しく作ってます( ´ ▽ ` )

明日からは枠を作っていくのですが不安と楽しみでいっぱいな小原です٩( ᐛ )و

ちなみに一箇所えぐれました…w

コメント(0)

ビフォーアフター

2020/08/25 | Categories:ブログ

こんなんあるの知ってましたか?

自分は知りませんでした。
店で雑談をするなかで、どんな会話の流れであったかは覚えてませんが、頂きました。

早速使ってみます。

まず使用前です。

右側だけ塗ってみます。

さて、結果は

どうでしょう?
自分は思っていた以上です。

さて、残りの反面にも塗って、また使っていきたいと思います。

氷高

コメント(0)

プロの話

2020/08/23 | Categories:ブログ

春先自粛生活で野菜作りを始め、ようやく収穫時期を迎えました。兼業も夢じゃない?福西です。

さて、工場は、戸襖祭りです。戸建ての分譲住宅も天袋が消え、背が2.2㍍となりました。戸襖といえば思い浮かぶのがかつてのプロの職人さんが大得意にされていました。朝からバリバリバリッー!!!と雷鳴が轟く様な手押し鉋を当てたかと思うと、夕方には2桁の製品が仕上がってくる。障子は8枚、戸襖は2桁を一日で仕上げることが一人前の基準とされていたひと昔前の常なる光景です。どうしたらその数を仕上げられるか、普段と違って逆算からの作り方は、「切る削る」刃物をどう当てるかが重要です。基本通りでは到底達し得ず、これはその当時をよく知る職人さんと仕事を共にし、その知恵、見て感じて雰囲気を学ぶことが一番です。

ただ個の技術が卓越した気迫迫る時代とは全体的な雰囲気も環境もガラリと様変わりしているので同じことは出来ません。そしたら何が必要か、ということですが、答えは意外に簡単です。昔の職人さんが使えなかった、もしくは違う使い方をしていたツールを使えば良いだけです。

と、いうことを頭の片隅に置きながら、今出来ることは正しく技術を残していくことかな、、と思いながらの灼熱の製作現場よりお届けしました。

コメント(0)

ミイラになるか干物になるか

2020/08/22 | Categories:ブログ

日々サウナなロウリュか

力石な毎日を過ごしてます。

デトックスできてますか?

わるいもんでたらなんもなくなるとおもいます。

以前買い物は縁といったような気がします。

お盆休み

プレステ4を買いました。

縁がありました。

縁を結ぶためにチャリ4時間こぎました。

高槻にタルト買いに行きました。

店休みでした。

縁がありませんでした。

コメント(0)