ブログ

雨戸

2019/06/05 | Categories:ブログ

折笠です。先日、木製雨戸を作らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

このところはこういった昔ながらのお仕事は少なくなってきたと思います。
入社して8年ほどになりますが、やっと建具屋らしい仕事が回ってきました。
組子細工など細かな仕事はしていますが、日本の木製建具を作る機会はまだまだ回ってきません。

 

 

 

 

鍵も木製です。こういう鍵のことを「サル」といいます。上にあげて鍵をかけるのでこの場合は「上げ猿」といいます。なぜサル?由来を調べても出てきません。引き続き調査したいと思います!

コメント(0)

3.5㍍の網戸

2019/06/04 | Categories:ブログ

IMG_20190604_170830IMG_20190604_170858

先日のつづきですが、ステンレスの網を張り、博物館収蔵庫の網戸ができました。

まともに工場入口からも出し入れできない程とにかくデカイ、重い、そして網を傷めないように慎重に扱っています。

最近は建具も2.4㍍の高さは当たり前になり巨大化してきました。
先週末の放送の格闘技、女性総合格闘家の山本美憂の様な筋肉をそろそろつけないといけないな〜と、かすかに思いました。

福西

コメント(0)

気ぃ、つかってまんねん

2019/05/30 | Categories:ブログ

うちの社長が車の中でボソッと言いました。
「気がつかえないと一人前になんてなられへん」

社長は自分は作らないのに、モノづくりの理屈ではないこう言ったことを良く知っています。プロの仕事の動き方、ヒノキや杉を使った上物の建具の仕事の時の向きあい方。

社長の言う「気」とは協調性のことを言うのかなと思っています。
自分の好き嫌い苦手は置いて、合わせていこうとする気持ちでしょうか。

最近、顔つき、姿勢、ホウレンソウが変わったなと感じることが多くありました。
ステップアップしていく技術内容が人を変えるのだなぁと思って、技術というものがいかに素晴らしいかと思いました。

色んなことに気がついていくことがまた、腕を上げる。
循環しているモノづくりって奥深いなぁ~

福西

※一級建具技能士印章

untitled

untitled

コメント(0)

オーラを感じて

2019/05/30 | Categories:ブログ

まだ五月だと言うのに30度超えの日が…

お天道様はどうしたのか???

何かにお怒りでございましょうか?

さて、先日、道具屋さんで玄翁を買いました。

玄翁は好きで見ていると何とも言えぬ曲線に美しさを感じてしまうのですが。。。

形も様々。用途も様々で、いざ使う事を考えると手元に置く形は決まってきます。

そんな中にも種類はあって、個人的にはカクカクした物より絶妙な曲線のある物が好きです。

大工道具にはそれぞれオーラがあり、思わず目が止まる物と言うのがある様な気がします。

そしてそれは隅々まで手が掛けられた丁寧な作りの物です。

所謂、名工の作が多い訳ですが、名前を聞かなくても良い物は沢山ありますね。

で、今回買った物は、、、

作者は伏せておきます。

とても小さな細工用のサイズです。

30匁と言って112グラム位ですかね。

いくつか並んでいた中でコレだ!と直感で買いました。

まだ柄を決めかねてます。

何本か柄候補の枝木の乾燥材はありますが、挿げた形をイメージしながら選んでいます。

慌ててつかう予定も無いので、コノ時間も楽しみの一つです。

こう書くと、結局趣味の収集になりそうなのですが、コノ重さがハマる仕事は想像出来てます。

その出番が来るまでには格好良く仕上げたいと思います。

里田でした。

コメント(0)

存在感

2019/05/28 | Categories:ブログ

高校の同窓会にての会話

友人A「俺今、大東郵便局で働いてるねん」

僕「そうなんや、僕も今、大東市に住んでるわ」

A「偶然やな!大東市のどこなん?」

僕「諸福5丁目やで」

A「まさにその辺配達してるわ!どんなとこ住んでるん?」

僕「普通のアパートやで、さすがに言うてもわからんやろ〜」

A「まぁアパートも多いからな〜」

僕「前まで隣にごみ屋敷のババアが住んでたわ」

A「あのババアのおるアパートか!」

ババアの存在感

コメント(0)