ブログ

微かな記憶

2019/12/09 | Categories:ブログ

今年も残すところあと少し、パソコンの写真の整理をしていると、10年前ぐらいに施工した現場の写真が出てきました。

懐かしいなぁと思いながら見ていると、大工の工事の写真以外に、一枚だけ障子の写真のがありました。

その当時まだまだ小僧で、建具屋としてではなく大工として寺院の改修工事に携わってたので、おそらくその時は建具には興味があまり無かったのだと思います。

記憶を辿ると寺院に内にある庫裏に納まってた障子でした。

写真の画素数が粗いので、紙にスケッチしながら障子の全体像を書き出しました。

小僧の頃、この写真の障子がなぜ気になったのかは謎ですが、とりあえず作ってみるかと。。

要点だけ抑えたいので、サイズをグッと縮めて作ることに。

材料は栂(アテ材や木の目が悪い材)を使用

組子は几帳鉋を少し改良し、先になるにつれ細くなっています。あと組子にインパクトを与える象嵌。

上桟もよーく見ると長押になってました。

始業前と昼休みの時間を使いサクッと製作。

出来上がりをみて実寸サイズでは無いけど、なんとなくのイメージはできたので、満足。

寺院内の庫裏にこの様な障子が入るのは大変珍しく、小僧ながら良い現場に行ってたんだなと改めて感じることができました。

また気になるモノがあれば製作してアップしたいと思います。

武田でした。

コメント(0)

かんざし

2019/12/09 | Categories:ブログ

本年も早いもので後わずかになりました。

さて、先日、額縁に「かんざし」加工を施しました。

強度を高めるとともに見た目のアクセントを出すために行われます。

強度を充分に出すためには角の幅、半分以上に薄板を埋め込むべきなのですが、今回は見た目とのバランスで程々の切り込みで。。。

今回はウォールナットとピンクアイボリーの組み合わせです。

黒と白がカッコ良い、メープルとの組み合わせなどはよく見られますが、赤色の樹種で合わせてみました。

これはこれでアリかなと思いますが、おそらく何と合わせてもアリかな。。。となってしまうのでしょう。笑

PDCAでより良い物作りを心がけていきたいです。

臼井でした。

コメント(0)

建具用語

2019/12/07 | Categories:ブログ

誰がつけたか【いもすけ】という加工法。芋助、、なら少し鈍そうな名前ですね。

建具職はビスで決める、というよりは穴とホゾの専門ですが、内容と納期により芋助との組み合わせです。

3.3メートルを越える大きさなので、もうこれは想像でしかなく職人さんの60年の経験がものを言ってきます。

木作りして一週間、ようやく形が見えてきました。

コメント(0)

風情

2019/12/04 | Categories:ブログ

先日、箕面の滝に行ってきました。

気温が低くなり始めてから色付く紅葉。

今年の紅葉はイマイチだとテレビで言ってましたが、鮮やかに紅くなったものも、色付ききっていないもの、個人的には一面紅葉でなくても、秋を感じれました。

そんな道中

これもまた風情かと。

氷高

コメント(0)

CM

2019/12/04 | Categories:ブログ

師匠の皆様走ってますか?

一年に一度の走る月です。

怪我なく笑って走りきってください。

過労死するまで

ところで

ふふふっふー

ふふふっふー

って歌うCMを思い出しました。

コメント(0)