山を下りるタイミング

2018/10/11 | Categories:ブログ

秋の行楽の時期はほんの少しとあって、ついつい遊びに興じてしまいます。

この三連休は琵琶湖北の伊吹山に行ってきましたが、ドライブウェイで楽チンするつもりが、先日の台風で通行止、昼から登る羽目になりました。

山頂まで登ってしまうと下りてきた頃には真っ暗になるので、4合目の景観の良い所で「まぁ、いいか」と折り返して下山しました。

私は山頂まで登らないと気の済まない性格ですが、帰路の渋滞などを考えると我ながら正しい判断であったのですが、そうして賢くなってしまった自分がとても残念です。

帰りの道々、「いつどのタイミングで山を下りるか」は、深イィ何かと同じだなぁ〜と、もの思いにふけってしまいました。

もう少し少しと山頂まで登っていくのもアリですが、「ここら辺で」と見極め判断することも、歳を重ねてなせる技かなと思える様になりました。

あぁ、詫び寂びかも。。

福西


 Comment (0)  

COMMENT




WP-SpamFree by Pole Position Marketing