企業理念

(有)大西商店は昭和9年創業。木製建具製造・販売を主とし、木製おもちゃ開発やレーザー加工機を取り入れあらゆる方面とのつながりを大切にし、様々な取り組みをしています。

弊社の社員は半数が20代から30代の若者で、半数が60代以上のベテラン職人で構成されています。現代の多様化するニーズに対し、レーザーやNCなどの機械を使う若手の柔軟な発想と行動力、そして機械ではできないベテラン職人の技術力で、建具はもちろんのこと建具の枠にとらわれない新しいものづくりに挑戦している会社です。

昔から「技術は目で盗め。」といいますが、弊社では違います。「わからないことは聞く、後輩に聞かれたらきっちり教える。」これが大西商店のルールです。ベテラン職人も熱心に熟練の技術を教えます。

また社内だけでなく、若手は技能検定の資格取得や、講習会に積極的に参加し自分たちの範囲を広げる努力をしています。

2年に一度開催される全国技能グランプリが2011年3月にあり、弊社より2名出場いたしました。仕事が終わった工場で、大会に向けて連日遅くまで練習に打ち込む姿は周りへ良い刺激となり、技術だけでなく意識の向上へつながっています。

「挑戦する中で何かを学び成長してほしい。」

社長をはじめ社内みんなが若手の意欲をいつも応援してくれています。忘れてはいけないものは忘れず、新しいことに挑戦し続けていく、それが大西商店です。