免許更新忘れずに…

2018/05/16 | Categories:ブログ

先日、免許更新の為  門真運転免許試験場に行ってきました。

受付が朝8:45分からなので、少し早めにと思い20分前に着いたのですが、すでに先頭が見えない程の長蛇の列!

受付手続きなどで、時間がかかりましたが

今回は、「優良講習」です。(前回は、一般講習1時間でした)       写真   講習はすんなり進み10時過ぎには全て終わりました。

今回は運が良かったのか、優良運転免許をもらえたので、これからも慎重な運転を心がけて次もゴールドを目指したいと思います。

市場

A13CABD4-C206-4756-9B9A-3B16AE9A8299

 

 


 Comment (0)  

広葉樹

2018/05/14 | Categories:ブログ

折笠です。このところは組子細工のお仕事をたくさんいただいています。

中でも珍しいのがありました。通常はヒノキ、杉、ヒバなどの針葉樹で作ります。今回は広葉樹のナラで、ということでした。

前から広葉樹で作るものは洋風のものでも合う感じになるだろうなと思っていましたが、実際作ってみてもその通り。

針葉樹のあっさりした感じと違い、しっかりとして勢いのある雰囲気があります。使い方次第でとてもいい商品になるのでは?洋風の建具にワンポイントで入ったりしたらお洒落ではないでしょうか。


 Comment (0)  

日本一かぶれ

2018/05/11 | Categories:ブログ

福西です。
最近は新入社員の方たちに、技術的な面で自分も先輩方に教わった様に、
今度は伝えていくという機会が多くあります。
仕事とは言え、「義理」では、とてもじゃないけれど、伝えることは出来ないなぁと思った
次第です。要は、その人に引き寄せる魅力があり、愛情がないと、とても出来ることではないと気が付いたのです。

しかし、ここに来て、培ってきた「経験」が時折邪魔をする難しさもまた、感じています。
情を掛け過ぎると、習う段階には過剰な知識を伝えてしまう。
かと言って、プロの現場は教科書通りではありません。

情を掛ける按配はまだ手探りですが、技巧的に、玄人にならないように、
悲しいかな、大西商店からどこに出しても恥じない技術者を育てることが
根本でしょうか。

 

まぁ、人のことはそこそこにして、今年は思いっきり「日本一」にかぶれてやろう!と、
「日本一」と聞くと、努めて出かける様にしています。

目いっぱい「日本一」の縁起を担いで、来年は建具の競技大会で日本一にチャレンジ!

ヨッ!日本一!!!

IMG_20180408_081351


 Comment (0)  

プロやな〜

2018/05/11 | Categories:ブログ

このところ暑くなったり急に冷え込んだり‥

なかなか天気がスッキリしませんね。

体調崩されていませんか?

さて、ここ最近通勤を含めて自転車に乗る機会を増やしております

季節の良い時に出来るだけ体を動かしたいな〜と思い楽しんでおります

で、自転車に乗る機会が増えれば、多少のメンテナンスも必要で、気がついたら少しずつでも 点検する様に心掛けしております。

特に通勤途中のトラブルは色々大変ですからね〜

いつもは自分でメンテナンスするのですが、機会があり、買ったお店でプロの点検を受けてきました。

軽い調整と各部のネジの増し締め程度で終了しましたが、気分的には無敵になった様な感じで、プロの仕事の安心感は凄いな〜としみじみ思ったところです。

見た目には、ドライバーを当てて見て行くだけですが、見る所がツボを押さえているんだろうな‥と思いながら見ていました。

ショップに行ったついでにパーツを物色。

前から気になっていたドリンクホルダーを買いました。

コレがまたカッコいい❗️

出来るだけシンプルで最低限の仕事をこなすヤツです。

これぞ機能美❗️そんな感じです。

メーカーサイトで見つけて、いつかはと思っていた物を手に入れられたので大満足です。

コレも一つずつ手作りのコダワリの逸品です。

しかも高くない。

気に入りました。

プロの仕事を見て、プロのコダワリの逸品に出会えて良い1日でした。

里田でした。


 Comment (0)  

竹取物語

2018/05/09 | Categories:ブログ

GWに祖父母が住んでいた奈良の山奥へ行ってきました。

竹林で刃物に塗る油壺用に竹を頂きました!

兄はベランダに梯子を作ると言って、大きな竹を切り倒していました。

竹林の中で栗から芽が出て地に張っているのを見つけました。

何十年後かには竹栗林になっているといいなぁ(^^)

竹の子と栗取り放題!

自然に囲まれ、ゆったりとした良い休日でした!

紀平


 Comment (0)