丁度良い加減

2012/04/23 | Categories:ブログ

 

本日の担当は福西あゆりです
「丁度良い加減」についてお話させて頂きます

「丁度良い」という言葉があります。
人・事・物に限らず、身の丈に応じ過不足なく一致する様というところでしょうか。

入社3年目の頃の話になりますが、、
建具高2.5m、幅1・5m大きな框ドアに5センチ角の格子が両面に入っているガラスの吊り戸を作らせてもらいました。そんな大きなものは初めて作りますから、試行錯誤で必死でした。
そして組み立てる工程の段、その頃にはその幅の入る組み立て機がなかったので、手での組み作業しか仕方ありませんでした。
組む事は製作の総仕上げ、全ての工程を上手くしても、きっちりと真かね(直角)に組付けしなければ納まるものとはなりません。そして手で組むということはさらに難しい作業です。3年目で、経験もなかったので、ここは、、ということで大先輩職人さんが代わって組み立ててくれました。

組み立て後のひと言・・・
「上等、上等。」
普段、怒られることは多々あるものの、早々褒められる事はありません
今12年目にして思うことは、その言葉の中には「丁度良い加減」があったこと
丁度良いホゾの付け方・ホゾの効かせ具合・穴のほり方・胴付きの長さ・等々・・・
私たちは0.1ミリを加減して仕事をしますから勘と経験がものをいいます。
それもその時々の木の乾燥具合によって加減が違うこともあります。
12年させて頂いても、「上等」という褒め言葉を頂いたのは、ほんの2・3回です。

この褒め言葉をお客さまから頂ければ、これに勝ることはありません。
1年365日、日々精進し良いものを納期中にお届けすることが私たち製造者の使命であります。

 


 Comment (0)  

健康診断

2012/04/21 | Categories:ブログ

 

今日は年に一回の健康診断の日です。

得意先のスペースビルドさんにお世話になり

健康診断を受けさせて頂きました。

 新人さんも整列して記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

(さらに…)


 Comment (0)  

道具

2012/04/21 | Categories:ブログ

一周回りまして奈須です!

今日は道具について話そうと思います。
先日注文しておいた鉋が届きました。

なんだこの腐った鉋は?っと思いの方もおられますし、なんのかんなや?
と思う方もおられると思います。
中古の道具を買うのに抵抗を持っておられる方もおられることでしょう。
しか~し!!!僕は違います。昔の道具は今現在となると鋼がしまり、切れ味が良くなるらしいです。しかもこの鉋は今もメーカー健在の常三郎の初代の鉋です。この鉋はちなみに730円です!!!安いでしょ??
この鉋を使えるようにするまでには時間がかかります。使えるようにするまでがまた個人的には好きです。切れればなお最高です。
おめかし完了したらまた載せます!劇的ビフォーアフターということでいこうでわありませんか(笑)

また経過報告いれますね。


 Comment (0)  

看板

2012/04/20 | Categories:ブログ

 

この材料で看板作ります。

 

奈良県産の桧です。

削ってると良い匂いするんですよ~

 

お客さんに完成の写真を

公開して良い許可が出たら紹介します。。。

 


 Comment (0)  

『鬼に訊け』

2012/04/20 | Categories:ブログ

はじめまして新人part3の下山です。
自分の技術でものづくりがしたいという思いで、他2名と同様に職業訓練校を経てこの4月に入社を致しました。

入社して半月、新しいこと、わからないことばかりで、木のことについて得ることが多く、色々大変ですが毎日勉強になっております。
これからは、気になるモノや出来事、趣味や好きなことなんかを更新していければと思います。

と言うことで、

先日、随分と久しぶりに映画館に行ってきました。
『鬼に訊け』という、
法隆寺や薬師寺の再建を手がけた宮大工西岡常一のドキュメンタリー映画です。
本編に「木は鉄を凌駕する」とあります。木を正しく診て正しく使えば鉄の強度をも超えるということ。
また、「技術は見て盗め」とありましたが、残された時間がないというのもあるでしょうが、若い人たちにあえて言葉で伝えようとしていました。

全然、鬼ではなかったです…

西岡常一は信念があり、それは知識と経験からくるもので、
とてもプロフェッショナルな人でした。

建具も木を読めるようにならなければ正しく作れるようになれませんし、
わからない事があれば聞いて覚えるという育成環境が大西商店にはあります。
なかなか聞きにくいところもありますが、他にはない環境にも惹かれて入社しましたので
しっかり技術を身につけ、いい仕事ができるように
日々精進で頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。

映画の方も興味のある方は是非どうぞ。


 Comment (0)