初めての大蛇☆

2012/09/14 | Categories:ブログ

先日、大ボケかましました塚本です。

家の近所の万博公園で、フリーライブがあるということで

イベントは午後からでしたが、こんなこともないと公園に行かないので

張り切って朝から久しぶりに公園へ行ってきました。

始まるまで周りを散歩してもいいじゃない~っなんていいながら・・・。 (さらに…)


 Comment (0)  

工夫

2012/09/13 | Categories:ブログ

折笠です。朝晩はだんだん涼しくなってきましたね。ほとんどの方は涼しくなってうれしいでしょうが、僕は寒いのが大嫌いなのでやだなーと思う今日この頃です。

先日買った、秋岡芳夫さんの本があまりに面白かったので他の本も読みあさっていました。他の本もすごく面白かったです。

「竹とんぼからの発想 手が考えて作る」

 

 

 

 

 

この本は30年前に書かれた本です。
秋岡さんは工業デザイナーですが、高度成長期の中いち早く手仕事の復権を唱われました。
浴衣はデパートで買える。おにぎりもお店で売っている、住宅も建売り。
便利な世の中ですが、「縫わない握らない建てない」生活を30年続けたら工作能力が衰弱して類猿人になってしまうに違いない。
工夫して作る=工作をするから猿じゃなくて人間なんだ。
「おにぎりと浴衣と竹とんぼはお店で買わずお家で作りましょう」

こんな話から自作した800体ほどの竹とんぼの紹介など。

話は変わりまして先日、レーザー加工機の操作を教わりました。
試しに作らせていただいたのがこれ。

 

 

 

 

 

名札です。こんなものがあっという間にできます。加工時間20秒ほど。すごいですねぇ。
あまりにかんたんにできてしまうので拍子抜けしてしまうほどです。
でも、これこそ「工夫して作る」ことをしないと機械に使われてしまうぜー。と思いました。使いこなせるよう、触らせてもらおうと思っております。


 Comment (0)  

えぇかげんにせぃ!

2012/09/11 | Categories:ブログ

スカッ!と晴れない日が続きます。

 

事ですが、昔、先輩が悩んでいたり、もたついているのを見ていると、片方では同情している風で、片方では実は「今やー!」って思ってました。
これで先輩の仕事が自分に回ってくるかな?とか、しっぽが見えてきたから抜かせるかも、とか。
私たちのような技術屋さんは競争心無くして、成長はあるはずがない。     
私は、普通な顔をして、けど、機を伺っていたのかも知れません。

 

何かにつけて、環境や人や、男だ女だ、好きだ嫌いだ、自分の責任逃れするような言い訳をつけている内は、それが自分の能力かと思います。そんな事でもたついている先輩は、後輩であってもさっさと抜かしてやれば良い、私はそう思います。

 

大西商店の社長はよく、
「追いつけ、追い越せ」と言っています。
その時、恥をかいて失敗してしまっても、「次は見てろ~」の繰り返しで人は強くなっていくのではないでしょうか。

 

そして、社長は昔、こうも言っていました。
「先輩は、技術面、人間性、社会経験、全てにおいて後輩より上回っていないといけない。」
だから、先輩も寝ている暇はないのですねぇ・・・・
先輩は後輩が難儀していたら、どこからともなくスケないといけないので、2倍3倍の努力が必要ですね。

 

こういった水面下での競争があるから、実は面白いと思うのです。
根性悪の福西でした。

 


 Comment (1)  

2012/09/11 | Categories:ブログ

まだまだ変な天気が続いていますね。

大西商店は珍しく三連休があります。
皆さんどこに行かれますか?

    

奈須でした


 Comment (0)  

続・ユーカリの木

2012/09/08 | Categories:ブログ

 

前回、ユーカリについて少し書きましたが、
少し材木が大西商店にありました。

昔に取り扱った時の余りだそうで、
ユーカリの木をウッドデッキの材料にしたそうです。

材木としては、
抜群の耐久性炎、水、土中でも耐久性に優れ、強度は通常の木材の2~3倍で、
オーストラリアでは自動車や鉄道の橋、枕木、海 岸沿いの木道などに利用されているそうです。
ユーカリはガーデン家具にも使用されています。

 

 

ユーカリは成長が著しく早く材木としても早く手に入ることから
世界的に注目されているそうです。

成長が速いので水分を多く必要とするみたいですが
緑化としても注目されています。

もちろんコアラが葉を食べることは有名で、
他にも精油も防虫、消臭効果として有名です。

ちなみにコアラは新芽しか食べないそうで、
なかなかグルメですね。

ふとしたことで、またひとつ勉強になりました。

下山


 Comment (0)