カンナってどこの女や

2012/10/12 | Categories:ブログ

本日の担当は折笠です。
朝、晩は寒くなってきましたね、もうこれ以上寒くなってほしくない…。
冬の工場の寒さを想像しますと今からビビっております。

さて、 前回、前々回も書いておりましたが目下の興味はやはり大工道具です。
先日はこんなものを仕入れました。

 

 

 

 

 

変わった形ですねぇ〜
こんな曲面に削るのは、どんなものに使われていたんでしょうか?
額縁くらいしか思いつきません。でも、この道具もぜったい必要だったから手間をかけて作られたのでしょう。
仕込むのもたいへんですがやってみようとおもっております。

なんて楽しんでおる次第ですが、お家の人からすれば「なんでそんなにカンナたくさんいるわけ?」ってなもんです。そりゃそうですね。

「またカンナちゃんから荷物届いてるで」とあきれられております。


 Comment (0)  

ATOM 秋の内覧会

2012/10/11 | Categories:ブログ

今日は朝から金物メーカーの「ATOM」の内覧会に行ってきました。

 

 

 

色々なメーカーが集まる展示会は見ますが、

なかなかメーカー単体の展示会に行く機会が無く、

かなりの数の金物を見る事が出来ました。

 

特に新製品で面白いモノが多く、

アイデアは良いけど・・・もう一頑張り!

と思ってたような所が改善されてたりと

メーカーの真剣さを見てきました。

 

本当を言えばカタログがもらえれば・・・程度でしたが

やはり実物を触らせてもらえるのは勉強になります。

 

個人的に進歩を感じるのは

「ソフトクローズ」ですかね・・・

どんどん改良されてるような気がしてます。

そしてホントに流行ってます。

 

「ソフトクローズ」って?・・・って方は

質問下さい!

今年の流行語大賞取るかも?

それくらい打ち合わせでは耳にします!

 

やはり使って頂くお客様に良いのもを提案したいですから

こういう勉強も大事ですね~!

 

 


 Comment (0)  

大西商店は晴れています!

2012/10/10 | Categories:ブログ

人に言いながら、、私のことだなぁ~と気付く事が最近とても多い福西です。
年を重ねるにつれて、得意な事には飛び込んでいくけれど、不得手な事になると、ついつい、楽な方を選んでしまいます。
しかし・・・人生って不思議なもので、そのように嫌で、逃げたいものが壁として突如目の前に現れてしまうのです。しかもレベルを上げて、順を追って・・・。

 

大西商店の社長の名言が多々あります。
割と、素直に受けた方だと思います。しかし、それは理屈であって頭で感じていたに過ぎないと、今になって思えるのであります。「信じて、行って、解く」とどこかで聞いたことが有ります。とすれば、私はまだ、3分の1しか出来ていないという事。やはり、実践、行動、身をもってして学べることが有ります。

 

今までの悩みが蚊にも思えるような、そんな気がします。
けれど、その向こう側にある、一瞬だけ感じられる楽しさ、明るいものがあると信じます。
自分もステップアップ!もう、スタートを切ってしまいました。
みんな、変わらないとね♪

福西でした。


 Comment (0)  

2012/10/10 | Categories:ブログ

先日秋山木工社長による講習会がありました。 
大西商店との人材育成の差が大きくありました。

それはそうです。
この時代でも丁稚制度をとりいれてるんですから。

講習会のとき丁稚の女性がきていました。

話を少しさせていただきましたが、18才の子がこんな考えもつ?
ってくらいいい話を聞かせてもらいました。

僕より年下、しかも女性が僕らより厳しい場所で働いてると 
思うと何ともいえないです。

今回の講習会で得たことを少しでも自分のものにしようと思います。

   奈須でした


 Comment (0)  

人間性

2012/10/08 | Categories:ブログ

先日、たまたま機会があって木工仲間と話す事がありました。
自然と木工話になり、皆、バリバリ働いているみたいでしたが、
やはり会社が違うと内容も速度も違いました。

仕事を任されて道具も機械もすぐ使っている人もいれば、
手道具も使う事もなく働いている人もいたり、
営業、管理をしている人もいました。

それぞれ皆頑張っている話を聞くことができました。

私自身も週末に木工会社の社長の講演会に参加して来ました。

毎日101%でやれば、その1%が積み重なって大きな結果が出るという継続の話が、
大西商店の一日26時間という話に通じるところがありました。

ただ、大事なのは技術ではない、というお話で、

「心が一流ならば、技術も一流になれる」

という言葉が印象に残りました。

一流の職人になれるかは、人間性が大事ということです。

色々な所で色々な人と話ができると、とても刺激になりました。
改めて、心を整えて精進していきたいです。

下山


 Comment (0)