5S活動

2012/08/31 | Categories:ブログ

 

5S活動って聞いたことありますか?

 

(さらに…)


 Comment (1)  

安全第一

2012/08/30 | Categories:ブログ

先日、訓練校時代の同級生が手押し鉋盤で小指を大怪我したという話を聞き、心配になって電話しました。
聞くと、寝るのと飯を食べる時間以外はずっと働いていたそうです。
その人は1人で自分の工房を持ってやってるので誰かに手伝ってもらうこともとできない状況だからしんどくても自分でやるしかなかったのかもしれません。
うちの工場には約20人の人間がいます。しんどい時は助けあって怪我なく仕事をしたいと思います。吉田


 Comment (0)  

集中豪雨☆

2012/08/29 | Categories:ブログ

まだまだ変な天気が続いてます。
朝はピカーンっと晴れてたのに急に雨雲がやってきて
集中豪雨!!っとなると、大西商店では若手が工場内を走らなければなりません。
明けてる窓を閉めて回るのですが、空調のない暑い工場で作業するのに
ほぼすべての窓を全開にしてるので大変です。
ここのところそんなことが続いてます。

誰ですか・・・こんな天気を呼んでいるのは???
私は比較的晴れ女だと思っています・・・が、学生の頃
私が試験勉強をすると次の日が雨になるっと言われたことがあります。
実際、その頃は結構な確率で雨が降っていたので否定できませんでした。
今回も・・・私だったのか??
実は先週末に技能検定の筆記試験があり、長かった試験勉強が終了しました。
先週まで、珍しく教科書を開いてお勉強してましたので、
もしかしたらこれまでの嵐は私だったかも・・・。
でも、もう大丈夫☆
試験勉強は終わりましたから、今週からはなくなるのではないかと・・・。
無くなったら無くなったでどうなんだろう
まぁ、集中豪雨が無くなってくれるならいいかな~。
今日もいい天気でありますように☆塚本でした。


 Comment (0)  

親知らず

2012/08/29 | Categories:ブログ

こんにちは。シバタです。

昼間は相変わらずの暑さですが朝方は秋の気配がありますね。

季節の変わり目は体調管理に気をつけたいものですね。

体調といえばですが、ここ一年ほど悩まされていた親知らずをとうとう抜きました。

それもそのはず、今までは三ヶ月に一度くらいの頻度で患っていたのですが、ここ最近は一ヶ月に一回。もっと言えば二週間に一回ほどのハイペースで患い始め、生活に支障をきたすほどになっていました。

いざ抜く時にはこれほど傍若無人な歯なので、なんだかややこしいことにならないかとビクビクしていましたが、 何の事はない!

工事は五分ほどで終わり、あっとゆう間に帰宅の途についていました。 次の日はなかなか腫れましたが、これが最後だと思うと痛いながらも気持ちは晴れ晴れ。生まれ変わったような気持ちです。

目の上のたんこぶならぬ、顎の横のたんこぶを取り払った新生シバタに乞うご期待!

ブログの更新遅れまして申し訳ありません。

ではでは。

 


 Comment (0)  

残っていくもの

2012/08/27 | Categories:ブログ

折笠です。お盆休み明け一週間が過ぎました。お盆明けは少し暇になるのかしらと思いましたら全くもって忙しいです。毎日のように今日中納期のお仕事が。忙しい時はいつもとは違うお仕事が回ってくるチャンス。と思って仕事しております。

さて、お休みはこんなのを見に行きました。

京都国立博物館で「大出雲展」が開催されています。その関連イベント。
僕は日本の伝統芸能を舞台で演じる団体に参加していたことがありまして、神楽も演じておったのです。なかなか日本各地に伝わる本物の芸能を見れる機会は少ないです。普段はほとんど島根県でしかみれないもの。楽しんで参りました。
山陰地方の神楽でよく取り上げられる題材が、スサノヲの尊が大蛇を退治するお話。
古事記や日本書紀に載っている神話ですが、これにはこんな説もあるそうです。

このところの気象の影響で水害が多いですね。昔は今よりも水害が多かったそうです。もちろんですね、ダムもないわけで。
暴れる川を大蛇に見立て、それを治めたいという昔の人の治水への思いがこの神楽を生んだ。千年以上前の先人たちの創造力に脱帽です。

昔から受け継がれる、残ってきたもののチカラはすごいですねぇ。
移り変わっていくスピードがどんどん早くなる時代だと思いますが、残っていくものはやっぱりいいものです。木製建具もそういうもの。そんな残っていく仕事ができればいいなと。

帰りに恵文社に寄って本を物色しました。一日いれる本屋さんですねぇ。
これを購入。

工業デザイナー、童画家、木工家の秋岡 芳夫さんの展覧会の図録。
今も色あせない手で考えるデザイン。

 

 


 Comment (0)