桔梗麻の葉

2018/06/28 | Categories:ブログ

折笠です。前回紹介した桔梗麻の葉の組子細工が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

真ん中の三角が、当初のイメージではもう少し大きかったのですが、やはりやってみないとわからないところだと思います。
しかし、小さいのもかわいらしく仕上がって一つ発見でした。
昔のものは三角が大きくて野暮ったく見えるものが多いと思います。
この辺りがセンスの見せ所でしょうか。
どんどん作って、できない柄はないようにしていければと思いますー。


 Comment (0)  

プロの定義

2018/06/27 | Categories:ブログ

IMG_20180607_131103なんだか難しい題材ですが、一体、プロとアマチュアの違いってどこにあるのでしょう?
先日作らせて頂いた建具です。

あいにく、NC自動組手切り機がフル稼働していたので、菱型の加工は手加工となりました。こういう極めて感覚的なお仕事は、一人の職人が一貫製作すると、綺麗に仕上がるでしょう。といいますか、仕上がって当たり前なのです。一人ですから。

しかし、大西商店では、いつもそれなりの枚数と短納期ということもあり、
この時、組手を決る人、木ころしする人、組み上げる人が違っていました。

組手の羽目合いの感覚、決った際の少しばかりの誤差の感覚、それは加工した職人しか本来分からないはずですが、「木ころしして」としか伝えられませんでした。
どんな力の具合で木ころしするのか。
それはもう、普段のお付き合い、あの人ならこれぐらい・・・という人間関係の感覚です。

そしてまた、組み上げる人に渡すのですが、逃げ道の無い様に組み上げるのか、
融通が利くように組み上げるのか、普段からのお付き合い。。

私が思うプロ、というのは「みんなでお仕事出来る人」

おおよそ、加工の認識が共通していて、技術も一定の基準であること。

だから、習うということが、大切な気がします。

福西

 

 

 

 

 


 Comment (0)  

ワクワク

2018/06/25 | Categories:ブログ

梅雨真っ只中。

鬱陶しい天気が続きますが如何お過ごしでしょうか?

先日の地震、大丈夫でしたか?

工場では朝礼中で、現場作業が始まる前だったので、声かけをして一時避難出来たので良かったのですが、まだまだ余震も続きます。

油断しないようにしないといけませんね!

さてさて、地震が来る前の日、とあるダムに浮かんで参りました。

今年初浮きです。

梅雨の晴れ間を狙って行ってきたのですが、梅雨なのに大減水。

おまけに結構な濁り…

用意の時点でテンション半減です。

いつもはスイスイと漕ぎ出せるのに、スタート地点がぬかるみです。

湖底にある場所が、減水で出てきてしまってる状況です。

幸い半ズボンに裸足だったので、なんとか漕ぎ出せましたが、長靴を履いていても苦労したと思います。

今年最初と言うこともあり、状況の確認をしながら早いテンポ進んでいきます。

途中、何度か魚の気配を感じましたが、減水と濁りの影響でイマイチな感じでしたね。。。

昼から用事があったので適当な所で折り返して帰ってきましたが、上陸の際も泥エリアを通るので、足も船も泥だらけ。

足はかろうじて洗ってきましたが、船は帰ってからの掃除が大変でした。。。

とは言え、、、

浮いている間はとても爽快で気持ちいいので、良い気分転換になります。

暫くは天気に左右されると思いますが、合間を見て行きたいと思っております。

考え出すとワクワクしますよ!

前夜は完全に遠足気分ですしね!

里田でした。


 Comment (0)  

何にでも牛乳を注ぐ女

2018/06/24 | Categories:ブログ

突然ですが、最近の私の作業中の脳内再生BGMを紹介したいと思います。

いかがでしょうか…

はじめは「なんやこの曲…」と思うかもしれませんが2、3回聴いてみてください。頭から離れなくなります。

皆さんも月曜日から脳内再生BGMにして仕事に集中しましょう!

紀平


 Comment (0)  

長勝鋸さんに行ってきました

2018/06/22 | Categories:ブログ

先日京都の長勝鋸さんに行ってきました。
もう、幾度もお世話になっています。

窓鋸と言う、アサリの無い特殊な刃の形状をした一流の道具、鋸です。
店主の長津さんは御年80歳を越える素晴らしい腕をお持ちの方ですが、
自分の様な若輩者でも年齢関係なく、ご丁寧な言葉、ご対応をして下さいます。
職人さんでも、腕も一流なら人柄も一流。
一流に触れられることがとっても貴重です。

その日もお昼を誘って頂き、鋸の勉強もさせて頂きました。

ひとつなるほど!なことは、良い道具は見た目も美しい。
均整がとれている、ということなのですね。

こういう素晴らしい道具が、広く世間に知られてゆけば良いなぁと思います。

 

福西

IMG_20180616_140208

 


 Comment (0)